国営電力会社にAI司令員「アイちゃん」が入社 江蘇・揚州

出典:CNS 掲載時間:2019-07-22
共有:

中国・江蘇省(Jiangsu)揚州市(Yangzhou)の国家電網(State Grid)揚州供電公司で15日午後、半年の試用期間を経て、中国初の人工知能(AI)指令員「アイちゃん」が同社供電サービス指揮センターで指令業務を開始した。

「アイちゃん」は音声識別、対話管理、同時通信、画像識別などの基礎能力を発揮し、電力供給網の補修人員に成り代わり、電力供給設備の異常を自動的に検知し、故障発見後、人工知能の即断により補修指令を出し、業務効率を90%改善することができる。「アイちゃん」の「誕生」は、AI技術を活用する革新的な実践だ。社内の業務効率を改善するだけでなく、顧客満足度を高めることもできるとしている。


「アイちゃん」による業務フロー提示(2019715日撮影)。


「アイちゃん」とデータ確認を行い揚州経圩小区2号変圧器に電気を供給する作業員(2019715日撮影)。


「アイちゃん」と話し合う指令所職員(2019715日撮影)。


「アイちゃん」と話し合う指令所職員(2019715日撮影)。


「アイちゃん」と話し合う指令所職員(2019715日撮影)。


「アイちゃん」と話し合う指令所職員(2019716日撮影)。

関連ニュース:

認証コード:
あと150文字
合計/ページ  トップページ   最後  第ページ