行政手段で米国企業の中国撤退を強いるのは、正しく片思い

出典:CRI 掲載時間:2019-08-26
共有:


米国が中国からの輸入品3000億ドルに対して10%の追加関税を課すことに対して、中国は最近具体的な対抗措置を打ち出さざるを得なかった。これに対して、米国の一部の人間が米国企業は直ちに中国から撤退し、代替先を模索する、あるいは事業を米国に戻し米国内で投資すべしという命令を下した。この言説は市場経済のルールに背き、米国経済界から等しく反対に遭っている。これは行政手段によって保護主義を行おうというもので、米国企業の自由な経営に著しく干渉するだけでなく、世界経済全体の秩序に対して深刻な干渉と損害をもたらすものだ。

ウォール・ストリート・ジャーナルは最近、中国市場を放棄しようと考えている一部のグローバルメーカーは最後には、ベトナムなどの国々は中国の条件とは比肩できず、彼らが生産拠点を完全に中国から移転するのは不可能なことを発見する、と指摘している。中国経済の構造転換とレベルアップや改革開放政策がもたらす恩恵のボーナスが絶えず解き放たれるにつれて、中国の外資を惹きつける総合的な競争力は依然として他の国々とは比べ物にならない。

米国の老舗オートバイメーカーであるハーレーダビッドソンが政治的圧力を顧みず、一部の生産を米国外に移転したことが十分説明している。関税のムチは在中米国企業を撤退させることはできず、かえって「Made in the USA」の米国離れを強い、米国の産業空洞化のリスクを激化させるだろう。(CRI論説員)

関連ニュース:

認証コード:
あと150文字
合計/ページ  トップページ   最後  第ページ