新疆バインゴルの大草原に春の息ぶき、緑が戻る

出典:'本站原创' 掲載時間:2020-06-12
共有:


新疆の巴音布鲁克草原(2020年5月31日撮影)。

中国・新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)バインゴリン・モンゴル自治州(Bayingol Mongolian Autonomous Prefecture)和静県(Hejing)の巴音布鲁克(Bayin Buluke)草原で先月31日、遊牧民が草原で放牧を始めていた。

最近、降雨量の増加と気温の上昇に伴い、この草原も一面が緑色に変わり始めた。 この一帯は中国では第2の草原で、高山地域にある草原として中国最大だ。モンゴル語で「豊かな泉」を表し、和静県西北部に位置する。典型的な牧草地で、天山南麓で最も肥沃(ひよく)な夏季の牧場で、東西の長さ270キロ、南北の幅は136キロ、周囲の山体は海抜3000メートルを超える。

関連ニュース: