自宅待機続く子供と日本人母の日々/新型コロナウイルスに向き合う--中国にとどまる日本人(4)

出典:人民網 掲載時間:2020-03-19
共有:

春節(旧正月、今年は1月25日)前後から急速に感染が広がった新型コロナウイルス。中国各地で春節休暇が延長され、学校は新学期開始を遅らせたり、オンライン授業に切り替えるといった対策がとられている。企業や工場も営業や操業開始時期の延期やテレワークへの切り替えを行い、2月下旬からは段階的に出勤や操業も始まっている。人民網ではこうした状況の中、中国で生活や仕事を続けている日本人を取材し、彼らの目を通して新型コロナウイルス影響下での日々を紹介していく。

猫冬さん
「子どもはやっぱり子供の友達と一緒が一番」


北京市では本来ならば2月中旬には冬休み明けだった小中学校と高校が新学期開始を延期し、様々な形式のオンライン授業やライブ配信授業を行っている。そしてその登校再開には、まだしばらくかかるとみられている。子供たちの自宅待機が続く中、家庭を預かる母親への負担も大きくなっている。普段は外出好きだという猫冬さん(仮名)もそんな一人だ。

学校や学年によって千差万別のオンライン授業

猫冬さんのお子さんが通う小学校では、北京市海淀区がシェアしている学習動画「海淀空中課」を利用し、それをベースにした数学の宿題や、防護服をデザインするという美術の課題、書いた字を写真で提出する習字の課題、英語は学習済みのユニットの単語を書いて提出したり、イラスト付きレポートの「手抄報」を提出するといった課題が出されたりしているという。猫冬さんの感覚では全体的に強制度は高くなく、負担もそれほど多くはないという。

ただ小学校によっては、毎朝8時からウェブカメラで互いの姿を見ながら進める2コマのライブ配信の授業を行っている学校もあり、宿題も各教科の先生が出すので、結構大変というようにばらつきがあるようだ。


そして中学生や高校生ともなると、半日ほどの時間割が組まれ、指定された学習動画によるオンライン授業にライブ配信授業、微信のミニプログラムやクラウドサービスを駆使して授業、宿題提出、採点などが行われており、その負担も格段に違ってくる。

子どもはやっぱり子供の友達と一緒が一番

自宅待機が長期にわたっている中、お子さん自身は毎日料理をしたり、IPadやゲーム、動画三昧でのんびり過ごし、それほど困った様子は見られないとしながらも、あまり長引くのはよくないと感じている猫冬さん。「子供はやっぱり子供の友達と一緒に居るのが一番楽しいと思うので、そういう意味では気の毒」とし、先が見通せないことも生活リズムがだらけやすくなっている理由の一つではないかと指摘している。


自宅待機の長期化で蓄積しつつあるこまごまとしたストレス


猫冬さん自身は、自宅待機の影響で子どもが常に家におり、しかもだらけているのを目にするのが精神的に疲れるとしており、「少しは勉強させなくてはという思いがあるものの、反抗期で親の言うことも聞かないので、早く登校が始まって欲しい」と漏らす。また普段から外出好きな猫冬さんにとって、外出できないこと、そして人と外で会ったり、自宅に呼んで夕食を共にしたりできないことがストレスの原因の1つになっているとし、日用品はほぼ近所で買いそろえることができるものの、普段に比べると割高であったり、通常通りに再開されていない牛乳配達や美容院など、こまごまとしたことがストレスとして積み重なっているとした。「今はとにかく無事に過ごそうと思うだけで、やはり緊張する」という猫冬さんの言葉からも普段通りの生活を送ることが難しい現状への不安が見てとれる。


読書と料理、愛猫との友情深める日々


このようにややストレスがたまり気味の猫冬さんの自宅隔離生活。「おかげで7冊ある三国志をほぼ読破したことと、猫と一緒に読書する時間が増え、猫とも友情が深まった。そしてやることが無いので、料理を作り、家でお酒を飲む回数も増え、もちろん体重も増えた」と自嘲気味ながらも何とか自宅隔離の日常と折り合いをつけようと努力している。



猫冬さんから武漢と中国の皆さんへの応援メッセージ


日本でも感染がどんどん広がっているので、他人事として「応援する」気持ちにはなりません。そもそも、北京に暮らしているので、半分当事者のような気分です。もちろん、武漢の方々の苦労はきっと言葉に表せないつらさだろうと想像します。今回の多数の犠牲者や過酷な体験を無駄にしないために、ウイルス発祥の真相と対策がきちんと明らかにされることと、日中両国だけでなく、世界で一日も早くウイルスがコントロールされることを祈っています。(文・玄番登史江)

関連ニュース: